2018年8月31日

オリンピックスイマーによる「クロールでどうしても足が沈んでしまうのを改善する練習方法」

クロールの足が沈まないように、姿勢を改善するために考えられた練習法について、2度のオリンピックに出場したクロエ・サットン選手がアドバイスしたものを分かりやすく紹介します。このドリルの順序を練習で取り入...

素晴らしい「リーチ(伸び)」でクロールのスピードをアップする方法

クロールのストロークにおける「伸び」を改善するために、伸びのポイントや自分のストロークの動きを確認する方法、正しい伸び方筋肉に記憶させるためのトレーニング方法などを中心に分かりやすく紹介します。...

2018年5月28日

背泳ぎのストロークが行き過ぎるときの改善法

ここでは、背泳ぎのストロークにおける、行き過ぎた腕の伸ばし方「オーバーリーチング」の改善方法について紹介します。オーバーリーチングは、一般的に、腕をしっかりと伸ばして「水をつかもう」と意識している人に...

クロールのストロークが体から離れすぎてはいけない理由と改善方法

クロールのストロークにおけるプッシュ(水中で水を押し出す)の動きを改善するためのコツ「窓を閉めるテクニック」について分かりやすく紹介します。プッシュの手が体から離れて外に開き過ぎてしまうと、推進力が弱...

2017年12月15日

クロールのスピードアップのためには、ハイエルボーしすぎない、体を傾けすぎない方がよい理由

クロールを速く効率的に泳ぐためのストロークの改善方法について、主に体の傾きとハイエルボーをやりすぎたときの問題点に焦点をあてて紹介します。ハイエルボーや体の傾きは、クロールの基本ですが、やりすぎた場合...

2017年11月 1日

クロールでのコアバランスの作り方

クロールをより速く、効率的に泳ぐために、体の芯の安定性を得る練習方法について分かりやすく紹介します。腰と脚の位置をまっすぐに維持しようとして使うエネルギーは無駄以外のなにものでもありません。それよりも...

2017年10月27日

指を開くとクロールを速く泳げるのはなぜか?

あるスイミングクラブが、クロールの指導で取り入れて泳ぎに劇的な結果を導き出した「指を柔軟に軽く開いた状態でのストローク」について、得られるメリットを中心に分かりやすく紹介します。ほとんどの水泳選手が、...

2017年10月20日

金メダリスト「ネイサン・エイドリアン」から学ぶ効率的なクロールのストロークとは

フリースタイル(自由形)金メダリストであるネイサン・エイドリアン(Nathan Adrian)のクロールをもとに、ストロークでの手の入水やキャッチの手の位置、プルの改善方法を中心にしたアドバイスを紹介...

2017年10月17日

クロールのパワーポジションを逃さないための秘訣

クロールのパワーポジションを妨げる要因となりやすいいくつかの姿勢やストロークのポイントについて、その改善方法とともに分かりやすく紹介します。残念ながら多くの人が、クロールを泳ぐときに、パワーポジション...

クロールの手を水面から出すタイミング

クロールのプルからリカバリーへの入り方を中心に、ストロークの肘や手の動かし方について分かりやすく紹介します。ストロークの手を水面からどのタイミングでどのように出すかによって、その後に続くリカバリーやプ...

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
カテゴリ