正しいバタ足のポイントとは?

2014年9月19日

バタ足は、背泳ぎとクロールの推進力を上げる重要な要素です。

ここでは、バタ足を素早く、そして、効率よく行うための5つのポイントや基本的な練習方法を紹介します。

正しいバタ足のテクニックを身に着けて、適切に筋肉を強化するように心がけましょう。

色々なバタ足のトレーニングを取り入れると、足に筋肉がつき、正しいバタ足の感覚に慣れることができます。そうなると、強いキックによって、驚くほど水中を滑らかに楽に移動できるようになります。

バタ足の5つのポイント

お尻から動かす
膝から下のみのキック力に頼らず、お尻から動かすことによって、脚全体で効率的に水を蹴ることができます。
膝を曲げすぎない
バタ足の膝が曲がりすぎていると効率が悪くなり、なかなか進まないため疲れやすくなります。足の裏全体が水面から出るようなら、膝が曲がりすぎていたり、動きにムダのある大きなバタ足になっている可能性があります。
膝の伸ばし方については、膝を適度に曲げてスナップを利かせるコツで詳しく紹介しているので参考にしてください。
つま先を伸ばす
バタ足でキックした時につま先まで伸ばすと、一直線のストリームラインができるので、水中でスピードがでやすくなります。バタ足では、足首を柔軟にし、つま先に意識を集中させるのがコツです。
小さな動きで速く動かす
細かい泡によって、水が白くなるくらいまで、足を小刻みに素早く動かします。
練習方法:クロールのバタ足の上下幅を狭める練習
足は常に水面でキープする
胴から太ももまでが、水面近くで一直線になるように意識して泳ぎましょう。バタ足が水面から見えない場合は、お尻と足が沈んでいる可能性があります。

基本的な練習方法

上記のポイントに注意して、バタ足の練習を行います。

最初は、壁を持ってバタ足をする
両手で壁を持ち、頭を下げて、体が一直線になるように水面でバタ足をします。この時、白い泡が出るように、速いバタ足を心がけてください。息が苦しくなったら、顔を上げて息継ぎをし、終わったらまた水中につけます。
次に、両手でビート板を持ってバタ足をする
腕を伸ばして両手でビート板を持ってバタ足で前進します。頭は上げても下げてもよいのですが、上げたまま泳ぐ時は、水の抵抗を受けるため、バタ足を強くする必要があります。
最後に、ストリームラインでバタ足をする
両手を前方で揃えて、または、片手のみを前方にまっすぐ出してバタ足で進みます。