マイケル・フェルプス選手のクロール

2014年10月16日

金メダリストマイケル・フェルプス選手のクロールについて、ボブ・ボウマン/Bob Bowmanコーチが手のかきやボディーポジション、息継ぎを中心に解説したものを分かりやすく紹介します。

手のかき

マイケル・フェルプス選手のストロークは、無駄な動きや水の抵抗が少なく、指先から足先まで体全体に統一感があるのが特徴的です。

水中から、ストロークを見ると、手を水中に滑らせるように入れて、泡がほとんどたたないことが分かります。

水を素早くキャッチした後は、指が底を指すように肘を曲げて引きます。この引くときの腕の位置がストロークのパワーを生み出しています。手から肘までが底と垂直になったら、体を傾けて手を後方に押し出します。

ボディーポジション

決して腕の動きとバタ足は、別物として考えないように注意してください。

ボブ・ボウマンコーチは、体のインナーマッスルや腹筋を引き締めて、バタ足と腕に完璧なバランスとリズムを生むことで、体の全てを調和させることが大切だといいます。

泳ぎを改善する時に、まず取り組むべきはボディーポジションです。

息継ぎ

息継ぎは、頭だけを動かさないで、体ごと向きを変えます。顎を上げないようにしてください。

マイケル・フェルプス選手は、息継ぎをするときに、体の一直線のライン上で、顔の向きを変えないで、自然に頭を傾けて元に戻しています。

コツは、片方のゴーグルは必ず水中にある状態で行うこと。もし、片方のゴーグルのみを水面に出したときに口が出ないなら、頭の位置を見直す必要があります。