子供に飛び込みをどう教えるか

2014年10月31日

子供に飛び込みを教える時に大切なことは、まず、水への恐れを克服することです。頭が濡れたり、水への恐怖心が消えたら、はじめて次の段階へ進みます。

練習方法

最初は水に馴らすために、フォームも何も気にしないで、ジャンプで飛び込みます。その時、浮きに向かったり、大人の腕や胸に向かってジャンプさせることから始めます。

そして、水に徐々に慣れてきたら、「膝ダイブ」へ移行します。

膝ダイブの姿勢は、片膝を立て、反対の膝をつきます。それから、ついた膝と上げた足のかかとを近づけます。

前に出したつま先が、プールの端に当たるような場所で構え、耳を覆うように両腕をまっすぐ伸ばして、頭の上で手を組みます。

そして、最も大切なことは、頭を下げておへそを見ること。

ダイブした時に、一番に水に付く場所は指先でなければなりません。その為、はじめは、指先とおなかを補助して、指先から自然とダイブできるように促して飛び込ませます。

この時に、プールの床で頭をぶつけないように補助者が注意する必要があります。

浅いプールは頭を打つ危険があるため、飛び込み練習には適しません。