子どもが水への恐れを克服し、段階的に水に慣れるようになる練習方法

2014年10月31日

アメリカのスイミングトレーナーが、子どもの水への恐怖心をどのように取り除くかについてアドバイス!泳ぎ方のテクニックを教える前に、水への恐怖心を取り除くことは、ベースとして大人が考えていくべきことです。

練習方法

まず、自分が子供の頃どうだったかについて思い出してみます。水の中は全く新しい環境であること、また、新しいアクティビティーや新しい人への水への恐れを理解することから始めます。

水の中に順応するためのステップとして、脇を手で支えて浮かせます。この体勢は安心感を与え、水の中の感覚に慣れさせるのにおすすめです。

そして、胸から上を水の上に出した姿勢のまま、水の中を歩いて進んだり、ゆっくりと回転してみます。水に触れながら「気持ちいい?」と話しかけてリラックスさせてあげるのもいいですね。

水の中の散歩になれてきたら、水に顔をつけてみましょう。「大きく息を吸い込んでほっぺたを膨らませて」と顔マネをしながら、3、2、1で水に頭をつけて潜ります。こうして、水の中で息を止めることを覚えます。

次に、水面に口だけつけてぶくぶくの練習をします。子供は鼻から水が入ったり、水をのみこむことを嫌います。それを予防する手段としてこういった遊びを交えた練習を組み入れましょう。

水が冷たかったり、水の中で落ち着けないと違和感を感じる場合には、歌を取り入れる工夫をし、水と触れ合うことは楽しいことと感じさせる工夫を取り入れます。