子供に立ち泳ぎを教える方法

2014年10月31日

子供に、立ち泳ぎを教える時のコツや補助方法、順序を紹介します。

まず、水の中の感覚に慣れることから始め、浮きや補助を使ってスカーリングのみで浮く感覚を覚えた後、立ち泳ぎ(エッグビーター)の足の動きを取り入れていきます。

水の中の感覚に慣れて浮くことは、後々の色々な泳ぎの基礎になる大切なポイントです。

練習方法

浮く練習
子供の後ろから支えながらプールで仰向けにして、おへそを浮かせるイメージでゆっくりと頭を後方に下げます。難しい場合は。おへそは沈めて行ってもよい。最初から足まで浮くことは難しいので、力を抜いて頭を下げることだけを注意してあげてください。
スカーリング
両腕を横に広げて、前後(スカーリング)させながら体を浮かせる練習をします。
補助方法
大人が後ろから支えたり、棒状の浮きをわき腹に挟んだり足の下に置いたりして浮きの補助をします。補助を受けながら、子供はスカーリングで、浮けるようになります。
足の動きを足す
慣れたら浮きを外して、腕はスカーリング、足はエッグビーターの動きをさせ、自分の力で浮く感覚を身につけさせます。