クロール(自由形)の息継ぎのやり方

2014年11月13日

クロールで、息継ぎがスムーズに出来るようになることは、長距離を泳ぐためには不可欠なことです。

息継ぎの時の体勢とポイント

  • 耳は肩につける
  • 下側の頬は水中に入れた状態
  • 空気が入るくらいだけ唇が水面から出た位置

練習方法

最初は泳ぎながらではなく、その場で腕をかきながら顔をつけて上記の呼吸方法を確認しながら練習し、できるようになったらビート板を持ってバタ足をしながらやります。

この時、水中では鼻から息を吐き(泡が出る)、息継ぎの際は、あごや頭が上がりすぎないように注意しましょう。

息継ぎは、必要に応じて行います。腕をかく毎に両サイドで行ったり、2回に1回行う人もいますが、長距離を泳ぐ人や競泳選手の多くは、3回に1回息継ぎをすることが多いようです。

ステップを踏んで確認をしながら正しい息継ぎを身につけましょう。