プルブイを使ってバランスよくクロールの腕をかく練習

2014年11月12日

プルブイを使って体の重心のポイント、重心移動を学ぶ。バランスを考えながら、クロールの腕のかきを調整することができるようになる。水泳道具を使うので、気分転換をしながら楽しく泳げます。

練習方法

1、足首に挟む

足首に挟み、重心をぶらさないことにポイントを置いて泳ぐ。

2、膝に移動

膝に挟んでバランス感覚を調整。場所を変えても重心が崩れないように、腕で水をかく。

3、太もも

太ももで挟んで泳ぐ。

プルブイを移動させると、重心が乱れやすくなるため、3か所を順番に練習する。水と体のつながりを感覚でつかみ、バランスを崩さない重心のポイントを身に着ける。

一見するとクロールのためだけの練習のようですが、平泳ぎ、バタフライ、ターンの時の重心のポイントもつかみやすくなります。

水泳のターンは足を揃えて壁をキックする。プルブイを挟んでターンの練習をすると、脚をしっかりと閉じたままでできるのでよい練習になる。