平泳ぎの基本的な手と足の動かし方

2014年11月13日

平泳ぎの基本的な泳ぎ方は、手足の動きを切り離して考えることが上達の鍵になります。

平泳ぎの基本的な足の動き・4つのステップ

膝を曲げて足の裏を上に向ける。そのまま開き、後方に向けてすばやく蹴ってそろえて滑らかに伸びる。

曲げる、開く、閉じる、滑るように動く。最後の伸びの姿勢は約2秒間。平泳ぎの足で一番力を入れるポイントは閉じる時。大きく広げるとそれだけ閉じるスペースも広くなり、前へ大きく押し進むことが出来る。

平泳ぎの基本的な手の動き・4つのステップ

腕を広げる、胸に引き寄せる、腕を伸ばす、伸びるの4段階で考える。一番力を入れるポイントは、腕を広げる時。広げたら出来る限り早く頭を上げて呼吸。そして手の平を上側に返して腕を胸元に引き寄る。手の平を下に向けながら伸ばして頭を水につける。

足の動きと手の動き、呼吸を順番に説明すると、腕を開きながら顔を上げて呼吸、足を曲げて開く、キックして閉じながら頭を入れて手をまっすぐ前に伸ばす。

平泳ぎを泳げるようになるまでは少し時間がかかるかもしれませんが、諦めないで一つ一つの動きを確認しながら流れをつかんで練習すると必ず出来るようになります。