初心者向けのバタフライの練習方法

2014年11月13日

バタフライには、パワーと滑らかさ、リズムが必要とされ、水中でのストロークの中でも一目置かれる存在です。

ここでは、初心者向けのバタフライのキックとストロークの練習方法について、リズムやタイミング、姿勢を中心に紹介します。

バタフライに初めて挑戦する場合には、足の動き(ドルフィンキック)の練習から始め、徐々に息継ぎと腕のストロークを取り入れていきます。

キックの練習方法

プールの壁を蹴って、両手を揃えて腕を真っ直ぐ前方に出し、ストリームラインを作ります。

大きな魚の尾びれをイメージして、両足揃えて、腰をしっかりと使って、お尻から膝、足の順に波打つように流動的に動かします。この時、姿勢が崩れたり、腰や膝に力が入り過ぎたりすると、水の抵抗が大きくなるので、柔軟でしなやかな腰の動きを意識しながら、水を後方に押し出します。

これが俗にいう「ドルフィンキック」です。

基本的にバタフライのキックは2回が1セットとして考えます。1回のストロークにつき、2回キックをします。

ストロークの練習方法

バタフライのストロークは、4ステップの腕の動きで考えます。

まず、両腕を肩の高さで前方に伸ばす「キャッチ」、次に、腰の辺りまで手を引く「プル」、そして、そのままお尻まで押しだす「プッシュ」、最後に、水面から肩の高さと一直線になるように腕を前方に戻す「リカバリー」です。

ストロークとキックを合わせた練習方法

ストロークとキックの2つの動きをリズミカルにできるようになるまでは、時間を要します。

まず、壁を蹴って、ドルフィンキックのみで進み、息継ぎの準備ができたら、ストロークのプルとプッシュの時(1回目のキックの終わり)に、アゴを水面につけるくらいの高さまで顔を上げて息継ぎをします。

この時、上半身が反りあがって無理やり呼吸をするようなら、このタイミングがずれている可能性があります。

そして、キャッチをして腕が十分に前に伸びた状態(1、2秒)で、自然と足が上がってきたら2回目のキックをします。まだ伸びきる前にキックをすると、水の抵抗を受けてしまうので焦らないでください。

バタフライは、力任せで泳ぐのではなく、ストロークと足のキックを連動させてリズムで泳ぐように意識します。腕と足の動きがうまく連動しないと、体が沈むので注意してください。