立ち泳ぎ(エッグビーター)のやり方

2014年11月13日

立ち泳ぎとは、その名の通り、まるで水中で立っているように泳ぐことですが、ただやみくもに手足をばたつかせるだけでは沈んでしまい、長い間浮いておくことはできません。

ここでは、立ち泳ぎ(エッグビーターキック)の正しいやり方について、足の動きをマスターするための練習方法を中心に分かりやすくアドバイスした動画を紹介します。

首から上を水面から出して、左右の足をそれぞれ交互に、反対回りに円を描くように動かすことによって、水中で浮いた姿勢を維持する泳ぎ方で、遊泳やマリンスポーツの他、水中での安全を確保するためにライフセーバーなどが取り入れています。

水中での練習方法

  1. まず、平泳ぎの足のキックで立ち泳ぎをします。この時、フルキックではなく、浮いていられる程度の力で、真下にではなく、外側に向けてゆっくりと蹴ります。太ももはほぼ水平になるまで高くあげてください。
  2. 次に、左足を蹴ったら、それに続いて右足を蹴るというように、左右の平泳ぎの足のキックのタイミングをずらしていきます。
  3. 最後に、右足は反時計回りに、左足は時計回りになるように、交互に動かして足で円を描きます。

もし、水中でうまくできない場合は、プールから上がってイスを使って練習しましょう。

1、イスに座って行う

イスがあれば、家でもどこでもできる立ち泳ぎの練習です。

まず、イスの端に浅めに座り、膝を直角に曲げて、右足を反時計回り(足を手前に引き、外向き、前に出す、内向き)に円を描くように連続して回します。これができたら、左足を時計回りに回します。

今度は、両足を一緒に動かします。右足と左足は、交互に引き寄せてください。

2、プールサイドに座って行う

プールサイドに座って、膝下まで水に浸けて、水の抵抗を受けながらイスに座った時と同じようにエッグビーターキックの動きの練習をします。

水中での足の感覚がつかめたら、実際に水中に浮いて動かしてみましょう。

3、水中で行う

肩まで水に浸かり、プールの壁を持ちながら、エッグビーターキックをします。足と腕をやわらかく動かし、上半身はできる限り動かさないで一定に保ちます。

慣れてきたら、壁から手を離してエッグビーターキックをします。手はスカーリングをするように自然に前後させたり、水面から出してバランスを取ってもよいでしょう。

足の裏に受ける水の抵抗に意識を集中し、水の扱い方を学んでいきます。

まだ立ち泳ぎがマスターできていないうちは、壁から手を離した後も、いつでもつかまることができるように、壁の側で練習しましょう。