顔上げクロールの泳ぎ方

2014年11月13日

顔を上げたままのクロール(顔上げクロール)の泳ぎ方をスイミングコーチがアドバイス。通常のクロールの感覚のままで泳ぐと、頭の位置を水面上にキープするのは難しいため、いくつかのコツや注意点があります。

顔上げクロールは、視界を妨げることなく、周囲の状況を確認しながら泳ぐことが出来るため、ライフセービングに適した泳ぎ方で、おぼれている人を助ける時にも、相手を絶えず確認できるために見失う心配がありません。マリンスポーツにも最適な泳ぎ方です。

水の中に顔を入れないので、息継ぎの必要はありません。

この顔を水につけない姿勢をキープしながら、クロールで前に泳ぎ進むためには、強いバタ足が必要になります。

泳ぎ方のコツは、力いっぱい腕を後方に引き、後ろに引いた際に肘の位置を高くすること。

上半身を水面上にキープするためにも、流体力学的な流動を考えて、バタ足は強くお尻の位置も高く位置づける必要があります。