クロールの前方への伸びの姿勢を意識した基礎トレーニング

2015年2月23日

クロールの時に体のラインをしっかりと伸ばし切ることは、初心者、上級者に限らず重要なため、早い段階から意識しましょう。

練習方法

まず、可能な限り前方に指先が到達することのみに集中し、ゆっくりと滑らかに泳ぐ。

かき手の動きに関しては一切考えないで、とにかく前方にのみに意識を集中させます。この時、手の平ではなく指先で水の抵抗を感じ、リラックスして伸ばします。

これができるようになってくると、体のラインが一直線になります。

ゆっくりと泳いだら、次は前方に押し出すように少し勢いをつけて泳いでください。

このトレーニングを取り入れてバランス力を改善すると、体の回転とかき手のつながりがよりスムーズに行えるようになります。

こちらもどうぞ:
1,クロールの手をできる限り前方に伸ばす練習
2,ストロークのタイミングを遅らせて前方への手の伸びを学ぶ練習
3,素晴らしい「リーチ(伸び)」でクロールのスピードをアップする方法