クロールのハイエルボーキャッチ

クロールの肘の向きに焦点を当てたハイエルボーキャッチの練習。スピードと効率化を考える上で重要なポイントになるキャッチの正しい形を身に着けることができます。

腕を前方に伸ばす時に、肘が下を向いている場合は、キャッチの始めの動きができていない可能性があります。

練習方法

まず、机やプールサイドの床の上に、手の平をまったいらにしてつけ、肩からまっすぐに腕を伸ばす。

手をつけたまま、肘が上に向くように腕を回転させた後、今度は下に向ける。この上下の回転を繰り返す。

次に、手を浮かせ、手の平を動かさないで同様に行う。

最後に、肘が上を向くことだけを意識して、前方に腕を伸ばして泳ぐ。