簡単なストリームラインの練習

2015年10月15日

多くの水泳経験者がストリームラインの練習の過程を飛ばして、泳ぎ込みに入るようですが、実はこの練習を取り入れた方が近道でもあります。それほど、どんな泳ぎにおいても重要です。

練習方法

両手を重ねる。重ね方は、指と指だけではなく、上の親指のみが下の手から見えるくらいまで、手の平から覆いかぶせるようにする。上の親指は、下の手の平の横から回し込んで固定。

頭をぎゅっと抑えるくらい肩を縮める。

プールに入り、沈んだら両腕を頭の上にセットし、壁を蹴って水中に向かって進む。

手に意識を集中させ、頭を締め付けるようにして腕を伸ばす。

ストリームラインの練習を取り入れることで、水中で水の抵抗を考えながら効率よく泳ぐ感覚が身についていきます。