クロールのバランスを崩しやすい人のための練習/ワンサイドポジション11

2016年6月 9日

クロールで、バランスよく滑らかに泳ぎ、息継ぎを楽にするための練習方法「ワンサイドポジション11」について紹介します。

特にクロールのストロークでバランスを失いやすい人、息継ぎの時に体が回転しすぎる人は、下記の練習を取り入れてみてください。

練習方法

  1. プールの壁を蹴って進み、最初に左腕からストロークを行います。
  2. 左手をリカバリーして水に入った時に、右で呼吸します。この時、右腕はプルを始めていますが、プル全体の1/4から1/2の間で行います。
  3. 呼吸は素早くし、右手がリカバリーから水に入る前に顔を浸けます。
  4. 左腕と右腕を一緒に伸ばし(ポジション11の姿勢)、約6秒(6回)バタ足をした後、再度左腕のストロークを始めます。

右で呼吸しながらクロールを泳いだ後は、左でも同様に泳ぎます。

バランスを崩さないで上手に息継ぎができるようになったら、いつも通りのクロールで泳ぎます。