バタ足を狭い幅で一貫性のある動きに改善するための練習/垂直のバタ足

2016年8月26日

ここでは、狭い幅で素早く一貫性のある動きをしたバタ足をマスターするための垂直バタ足の練習方法を紹介します。

バタ足を改善する最速で一番の方法は、この垂直バタ足の様子を水中から録画して、本人に見せることです。

練習方法

  1. プールに垂直になって、バタ足のみで浮きます。
  2. 肘は直角に曲げ、両手を水面から出して、バタ足の反動で体がぶれないように固定させます。
  3. バタ足が滑らかにできるようになったら、お尻とバタ足のみの力で、体の向きを鋭く90度回転(横向きに)させます。この時、お尻からバタ足をすることが、パワーを生み出しているのを意識します。

バタ足のタイミングが合ってくると、体の向きをより正確に(直角に)変えることができるようになります。

ポイント

バタ足は、膝からではなく、お尻や大腿部(もも)から始め、つま先はピンと伸ばし、足(くるぶしから下)と足首が柔軟で、長いバタ足を意識します。

姿勢は、自転車をこぐ時のように前屈みにならないで、まっすぐなボディーラインを保ちます。