平泳ぎで生じる水面の水の乱れの影響をさける練習方法

2016年9月21日

平泳ぎをする時、水面には、不規則な水の渦が生じて乱れが起こりますが、ほとんどの人がそれに気づくことなく、無意識下であちらこちらに水の乱れを引き起こしています。

そして、平泳ぎのテンポが速くなるにつれて、水面の渦の乱れは大きくなります。

ここでは、それを水泳選手に気づかせて、水の流れの乱れから受ける影響を最小限に防ぐために、泳ぎを改善するための練習方法を紹介します。

意識を集中して、お尻の高さを調節することが、平泳ぎのタイムの短縮につながります。

練習方法

  1. 平泳ぎをする時に、水面に起こる水の渦の様子をビデオで撮影して、水泳選手に見せます。
  2. 水面の渦の抵抗をお尻で感fじるように意識し、お尻をわずかに沈めてこの抵抗をさけます。
  3. 渦がたつ前に、適切な位置までお尻を沈めて、キックにつなげます。

ポイント

この練習は、それぞれの水泳選手に合わせた理想的なお尻の深さを追及するためのものであるため、ただ、お尻を深く沈ませてごまかさないように注意してください。

平泳ぎで体が前方に沈んだ時に、渦が生じる前にそれをさけることができて、かつ、頭を沈める時の妨げにならないようなお尻の深さを探します。この時、決してお尻が下がりすぎないようにします。

水面の渦を意識して、水面近くで平行でクリーンな体のラインを保ちます。