平泳ぎの頭の位置を下げる練習方法

2016年10月11日

平泳ぎの頭の位置は、全ての水泳選手にとって昔から強化するポイントとして、頻繁に重要視されてきました。

平泳ぎは、水の抵抗を受けるポイントがたくさんあります。特に、伸びの姿勢の時の頭の位置は、リカバリした腕や足よりも抵抗が生まれやすくなります。

ここでは、平泳ぎの頭の位置を下げて、水の抵抗を減らすための簡単な練習方法を紹介します。

練習方法

もし、あなたが、頭を起こして前方を見ながら、平泳ぎをするのなら、それは、パラシュートを開いて降下する時のように、信じれないほどの水の抵抗を生み出しています。

水の抵抗を減らすためには、平泳ぎのストロークごとに、目の位置が腕の下にあることを確認して、頭を下げて泳ぐ必要があります。これによって、よい姿勢が生まれます。

もし、伸びの姿勢の時に、目で腕が見えるようなら、まだ頭が十分に下がっていないと言えます。

ポイント

平泳ぎの伸びが、浅い位置で行われると、腕が下がりすぎないで、水面近くにあるため、目の位置を腕の下にするのはとても簡単にできます。

平泳ぎでは、手を下げないで前方に向けて突き出し、それに頭が続くようにして美しいボディーラインを作ります。

そして、伸びの姿勢の間、目の位置は腕の下をキープし、息継ぎで頭を起こす前にプルを始めるのがポイントです。