クロールのストロークが体から離れすぎてはいけない理由と改善方法

クロールの問題点で、よく話題にあがるのが「手が体から離れて外に開き過ぎたストローク」です。

ストロークの動作の中でも、これは、特に水中で水を後方に押し出す「プッシュ」の段階で、手がお尻の横を通るときによく見られます。

ここで、ストロークの手が外に開き過ぎると、腕による推進力は弱まってしまいます。

しかし、スイマーに、ただ「手を開き過ぎないように」と注意したところで、それはなかなか直るクセではないかもしれません。

そこで、考えられたのが「窓を閉める」テクニックです。

ここでは、クロールのストロークにおけるプッシュの動きを改善するためのコツ「窓を閉めるテクニック」について分かりやすく紹介します。

手が外に開き過ぎたストロークの直し方

まず、肘から前腕にかけてと、脇腹の間の「V字」の空間を窓にみたてて、この窓を閉めるイメージでストロークを意識します。

コツは、ストロークのプルからプッシュにかけての水中での動作において、肘から上腕を、脇腹に近づけるようにして、お尻の横に手を通す感じです。

ただし、体の傾きがないままこの動きをすると、窮屈なストロークになったり、肩に過度な負担がかかって傷めやすくなったりすることがあるので注意してください。

こちらもどうぞ:
クロールのパワーポジションを逃さないための秘訣

かといって、ストロークの「プッシュ」をあまりにも大げさにしすぎるのはいけません。

なかには、プッシュを力強くしようと、力が入りすぎたり、後方までかきすぎたりする人がいますが、無理をしないであくまで自然に行うことを心がけてください。

こちらもどうぞ:
クロールの手を水面から出すタイミング

さらに、プッシュの手が体の外に広がりすぎた場合、もうひとつのデメリットが生じます。

それは、前方に出した腕が曲がりやすいことです。

水の抵抗を減らすためにも前方に出した腕は、まっすぐになるくらいまで伸ばす必要があります。

このように、クロールのストロークは、片方のプッシュの動きともう一方の手の伸びの動きの連動性も考えて泳がなければなりません。