ストローク(手のかき)

素晴らしい「リーチ(伸び)」でクロールのスピードをアップする方法

クロールのストロークにおける「伸び」を改善するために、伸びのポイントや自分のストロークの動きを確認する方法、正しい伸び方筋肉に記憶させるためのトレーニング方法などを中心に分かりやすく紹介します。...

クロールのストロークが体から離れすぎてはいけない理由と改善方法

クロールのストロークにおけるプッシュ(水中で水を押し出す)の動きを改善するためのコツ「窓を閉めるテクニック」について分かりやすく紹介します。プッシュの手が体から離れて外に開き過ぎてしまうと、推進力が弱...

2017年10月27日

指を開くとクロールを速く泳げるのはなぜか?

あるスイミングクラブが、クロールの指導で取り入れて泳ぎに劇的な結果を導き出した「指を柔軟に軽く開いた状態でのストローク」について、得られるメリットを中心に分かりやすく紹介します。ほとんどの水泳選手が、...

2017年10月20日

金メダリスト「ネイサン・エイドリアン」から学ぶ効率的なクロールのストロークとは

フリースタイル(自由形)金メダリストであるネイサン・エイドリアン(Nathan Adrian)のクロールをもとに、ストロークでの手の入水やキャッチの手の位置、プルの改善方法を中心にしたアドバイスを紹介...

クロールの手を水面から出すタイミング

クロールのプルからリカバリーへの入り方を中心に、ストロークの肘や手の動かし方について分かりやすく紹介します。ストロークの手を水面からどのタイミングでどのように出すかによって、その後に続くリカバリーやプ...

クロールのハイエルボーでよくある間違いと改善方法

クロールをより速く、効率よく泳ぐために、正しいハイエルボーについてよくある間違いと改善すべきポイントを中心に分かりやすく紹介します。間違ったハイエルボーでは、かえって体のバランスを崩したり、ストローク...

2016年10月14日

クロールの手をできる限り前方に伸ばす練習

前方にしっかりと手を伸ばしてクロールを泳ぐ練習方法を紹介します。前方に手を押し出す動作は、体のストリームラインや傾きを作り、次のキャッチに向けて十分に体を伸ばすことができます。

ビート板を使ったクロールのストローク(キャッチと伸び)の練習

ビート板に片手のみをのせて体を安定させながら、クロールのキャッチと伸びを練習する方法を紹介します。クロールのキャッチの始まりの手の感覚に集中したり、プルの反対の腕をしっかりと伸ばすことを学ぶのに役立ち...

クロールのストロークで重要なキャッチの練習

シンプルさに重点を置いたクロールのキャッチの練習方法を紹介します。

クロールのプルを改善する練習/シングルアームエクステンション

クロールのプルの動きを力強く改善するためのストロークの伸びの練習方法「シングルアームエクステンション」について紹介します。