発泡スチロールで工作

発泡スチロール製の容器を再利用して、物づくりをするための装置「発泡スチロールカッター」を手作りする方法を紹介した動画です。

電動糸切りのようなもので、発泡スチロールをアルファベットや色々な形に切り取ることができ、工作を楽しむのにもってこいです。

材料

  • ペグボード1枚(約45cmの正方形)
  • 長方形の木の棒(縦45cm、幅約20cm)
  • 約50cmの長さで約6mm(ペグボードの穴の大きさ)の太さのアルミニウムの棒
  • ナット4個
  • ボルト1本
  • (クロメル)ワイヤー

ペグボードとは、(掛け釘)を差し込むむ穴がたくさん開いているボードです。

作り方

  1. 発泡スチロールカッターの土台となる木の上にペグボードを置き、ドリルで固定する。
  2. アルミニウムの棒を、端から30cmのところで直角に折り曲げる。
  3. 発泡スチロールカッターの土台の4辺のうちの1辺の中央に、土台ごとドリルで穴を開け、折り曲げたアルミニウムの棒を差し込む。この時、棒が動くようなら、土台の木に横からドリルで穴を開けて、釘をさして棒を固定する。
  4. 1本のボルトの中心に(クロメル)ワイヤーを巻き付け、両サイドから2つのナットできつく挟んだ後、ボルトの両端にもナットをつけて、ナットが動かないように接着剤をつける。
  5. これをペグボードの下からあて、ワイヤを上に出して、延長線上のアルミ二ウムの棒に、緩すぎずきつすぎない程度にハリを持たせて巻き付けて発泡スチロールカッターの刃の部分を作る。(予めアルミニウムの棒の巻きつける部分に切れ込みを切れておく)
  6. 後は、バッテリー(電動式装置)にワニクリップをつけ、配線の一方をボルトにつけ、もう一方をアルミニウム棒の根本につけたら発泡スチロールカッターの完成です。