コインリングの作り方

2010年7月25日

アメリカの50セントコイン(ケネディ ハーフダラー)をとんかちで打ち付けて、シンプルでかっこいいシルバーリングを作る方法を紹介します。

コインに限らず丸い金属など指輪の材料になりそうな素材を使うと、自分で指輪を作ることができます。

1964年以前のコイン(50セントや25セント)の素材は、90パーセントが銀を使って作られているため、シルバーリングと同じような質の指輪を作ることができます。この時代のコインは、現在5ドル前後の相場で販売されています。

作り方

コインを立てて持ち、とんかちを打ち付けてコインの外周の線を消して平らにした後(約15分)、表面を波打たせるなど、好みの形状になるまで続けて打ちます(約1時間)。

外側ができたら、金属を削る道具(彫金や研磨、穴あけ用)を使って、内側に自分の指のサイズに合わせて穴を開けて、表面を滑らかに整えると手作りの指輪の完成です。

コインを変形させるので、小型のプレス機があると便利ですが、無い場合は、とんかち(ハンマー)で成形できます。