空き瓶や紙を使ったランタンの作り方

ワイヤーをアーチ状に巻き付けたり、色を塗った紙を屏風折りにしたりと一工夫しながら、空き瓶や紙を使ってランタンを簡単に作るユニークなアイデアを紹介します。

ランタンに使う素材を変えるだけで、キャンドルから放たれる光のやわらかさや表情の変化を楽しむことができます。

艶消しスプレーでデコレーションした空き瓶を使ったランタンの作り方

艶消しスプレーを使用すると、ガラスアートのエッチングのような難しい技術がなくてもくもりガラスのような質感を出すことができます。

予め、花模様や星型に紙を切って貼っておくと、その部分が模様になります。

作り方

  1. 粘着紙(無ければ紙をテープで貼る)に模様を描いて切り取り、空き瓶に貼ります。ストライプ柄にしたい場合は、マスキングテープを等間隔で貼ります。
  2. その上から、空き瓶に艶消しスプレーを吹きかけます。
  3. スプレーが乾いたら、粘着紙を剥がします。
  4. 空き瓶の底に塩や砂を敷き詰めて、中央にキャンドルを置きます。
  5. 空き瓶の口周りにワイヤを巻き付けて、取っ手部分(ひっかけるところ)をアーチ状にペンチで折り曲げて固定したらできあがりです。

紙ランタン

カラフルな色を塗った紙を使ったランタンの胴体カバーの作り方です。紙の隙間から、ランタンのやわらかい光が放たれます。

材料

  • ペットボトル

作り方

  1. ペットボトルの胴体部分のみを使用するため、先と底をはさみで切って、筒状にします。
  2. 切り取った胴体部分の上と下からそれぞれ2cmくらいのところに、穴あけパンチで等間隔に穴を開けます。
  3. キッチンペーパーの上に画用紙を置いて、紙に色を塗ります。
  4. ランタンの形に4枚切って屏風折りにします。
  5. 上と下に3つの穴を開けます。
  6. 先ほどのペットボトルの穴と紙の穴を合わせて、針で縫うように紐で固定します。