水に浮かぶ紙のボートの折り方

2011年7月25日

実際に水に浮かべて遊ぶことができる紙のボートの折り方と、平らな面に立たせることができるヨットの簡単な折り方を紹介します。

水に浮かぶボートなら、プールや川遊びのおもちゃにも最適です。

水に浮かぶペーパーボートの折り方

作っている途中で、紙の帽子もできるので、2通りの楽しみ方ができる折り方です。

ペーパーボートの色を真っ白で揃えてもきれいですが、色々な色で何艘も作って、一斉に水に浮かばせてもきれいです。

もちろん紙がふやけてしまったらおしまいですが、それまでは十分楽しむことができます。大きめの紙で折ると大きなペーパーボートができて楽しさも倍増です。

折り方

正方形ではなく、長方形の紙を用意します。

  1. 長い辺の中央で半分に折ります。
  2. 折り目側の両サイドの角を中心線に向って三角になるように折ります。
  3. 下側(開く側)を、三角のラインに合わせて折り返します。裏返して、反対側も下の線を揃えて折ります。この状態で、開き口を広げると帽子になります。
  4. 開き口を90度に広げて、折ります。
  5. 上側の半分(三角)を反対に向けて折ります。裏返して同様にします。
  6. 両方の角を持って広げると、ペーパーボートの完成です。

立てることができるヨットの折り方

棚やテーブルの上など、平らな面に立てて飾ることができるヨットの折り方です。ツルを折る途中の段階まで一緒なので、比較的簡単に折ることができます。

折り方

  1. 折り紙を対角線で2回折り、広げて裏表をひっくり返します。
  2. 長方形になるように中心線で2回折って広げます。
  3. 折り目に沿って1/4の正方形を作り、しっかりと折り目をつけます。
  4. 折り紙を開き、向かい合った角を中心点に向けて折り、再度1/4の正方形になるように折ります。
  5. 三角の角を上側にして置き、片方の三角の高さを低くするために、小さく折り返します。
  6. ボートが立つように底を少し折ったらできあがりです。