ダンボールで作る子供用の机

2011年9月 2日

軽くて丈夫、壊れても自分で簡単に作り直せて、お金もかからない。そんな子供用の机があったらいいですよね。

しかも、子供にとっては、落書きしても怒られないという夢のような机です。鉛筆たてや小物入れが欲しかったら、自分で作れるので創造力も養われます。

ここでは、子供の遊びや勉強、作業台に最適な机を、ダンボールをリサイクルして手作りする方法を紹介します。これなら経済的で、引っ越しが多い人も捨てるのが簡単で重宝しそうです。

汚れても何をしても誰にも文句を言われない自分専用の机ができるようになると、子供が絵本を読んだり、勉強をしたりするのが楽しくなりそうですね。

作り方

ダンボールを切る時に少し力が要りますが、構造はシンプルなので、簡単にできます。

  1. ダンボールの片側のフタを全て切り離し、机の脚をアーチ状に切ります。切れ端を反対の面に合わせて、左右均等に脚を作ります。
  2. シリアルやお菓子の箱を、引き出しや小物入れの位置に配置し、色テープでしっかりと固定します。紙コップを机の側面に貼りつけて、ペン入れにします。
  3. ダンボールの机のベースに、布を張ったり、色を塗ったり、お絵描きをしたりして装飾をすると完成です。