アルファベットプレートを手作りする方法2通り

2011年9月28日

部屋に飾るとインテリアに映える大きなアルファベットプレートを手作りする方法(石膏を自作の型に流して作る方法、市販のアルファベットプレートをデコレーションするアイデア)を2通り紹介します。

家族やペットに因んだアルファベットを作ったり、好きな文字を選んで文章を作って飾るなど、用途に合わせて色々な楽しみ方があります。

子供が遊びながら文字を学べるように木のおもちゃにしたり、壁かけたり、戸棚の上に置いて飾ることもできます。

石膏で作るおしゃれなアルファベットプレート

ダンボール紙で自作した型紙に石膏を流して作る方法で、大きさも形も家のインテリアに合わせて自由にアレンジできる本格的なDIYテクニックです。

作り方

  1. 作りたいアルファベットをデザインして厚紙(または、ダンボール紙)に描きます。
  2. 描いた線に沿って、ダンボール紙で囲み、接着剤で固定します。この時、段ボール紙の内側に、ナイロンをあてておくと、できた時に剥がしやすくなります。
  3. 作った型紙に、石膏を半分の高さまで流し入れて、一度布を敷いて、再度残りの石膏を流し入れたら、軽くゆすって空気を抜いて表面を整えます。
  4. 乾燥するまで4時間待ちます。
  5. 乾燥したら、段ボールの型紙をカッターを使って剥がし、表面を平らに削ると完成です。

市販のアルファベットプレートのデコレーションアイデア

市販のアルファベットプレートをデコレーションする方法をたくさん紹介します。

色々なアレンジ方法

  • アルファベットの木の板に、丸く切ったスポンジで、ドット模様のはんこを押すように、のり(モッドポッジ)をつける。その上からスパンコールや砂をふりかけて乾くまで待つ。
  • 縄を板に巻きつけるとマリンスタイルのアンティーク調プレートになります。
  • 花をつけたり、同じ文字を少しずらして重ねて貼り付ける。
  • 色を塗って、ストライプや水玉模様を描く。
  • モッドポッジで、布や包装紙を貼り付ける。

その他にも、スプレーや絵の具、ビーズなど、身の回りにあるものを使ってクリエイティブで楽しいアルファベットプレートを作ってみてください。