ペットボトルや消しゴムを使った手作りスタンプの作り方

2012年6月13日

手紙やギフトカードをかわいくデコレーションする手作りスタンプを、ペットボトルのフタや消しゴムを使って作る方法を紹介します。

身近にあるものをリサイクルして、ちょうちょや星型、ドット、矢印、アルファベットの文字など、案内状やスクラップブック作りなどにあると便利なスタンプを簡単に作ることができます。

ペットボトルのフタで作るスタンプ

作り方

  1. ペットボトルのフタの大きさからはみ出ないように注意して、好きな形にフォームシートを切ります。
  2. 切ったフォームシートを、ペットボトルのフタに接着剤で貼りつけると完成です。

フォームシートとは、軽くてスポンジのような素材をしたシートですが、台所用のスポンジでも代用できます。

スタンプ用のインクパッドが無い場合は、家にある食紅などの食品着色剤をスポンジに浸み込ませたもので代用できます。

消しゴムスタンプ

消しゴムやゴム板を削って作るスタンプです。

彫刻刀で削るので、細かな作業がしやすいため、数字や絵のパーツ、家紋、動物、鳥、波、車、花など色々な模様のスタンプを作ることができます。

ここでは、バーベキューの招待状を作るために、アルファベットのBとQのスタンプを消しゴムで作る方法を紹介します。

作り方

  1. BとQの字を印刷して、消しゴム(ゴム板)に転写します。
  2. 彫刻刀の角刀で線をなぞり、丸刀で周囲を掘って字を浮き立たせます。
  3. 削った消しゴムを木片に両面テープや接着剤で貼るとできあがりです。