紙皿で動物!かわいいライオンを作ろう

2012年8月18日

半分に切った紙皿をベースにして、たてがみを貼りつけたり、顔を描いたりしてライオンを作る方法を紹介します。幼稚園から楽しめる簡単な工作です。

くるんと丸まったオレンジ色のたてがみとキョロキョロ動く目が特徴的なライオンで、お面にもアレンジすることができます。

作り方

  1. 黄色い紙皿を半分に切ります。
  2. ライオンの口やひげを描き、オレンジ色の紙を丸く切った鼻や動眼(手芸や工作で使う動く目玉)を貼ります。
  3. オレンジ色の紙に黄色い紙を貼った耳を紙皿の上に背面から貼ります。
  4. たてがみは、細めの長方形に切ったオレンジ色の紙をボールペンに巻きつけた後、紙皿の背面から表に向けてカーブがくるように貼るとできあがりです。

たてがみをオレンジ色に統一しないで、色とりどりの紙を重ねて貼ったり、リボンや布などに素材を変えて作ってみてもおもしろいですね。

また、色を塗ったり、模様のついた紙皿で作ると、一味違ったユニークな動物ができます。