立体的な蝶々(ちょうちょ)の折り方2通り

2013年3月15日

ちょうちょは、ハートやお花に続いて特に女の子が喜ぶ折り紙の一つです。

ここでは、ウォールステッカーのように壁に飾れるちょうちょの折り方と立体的な折り方の2通りを紹介します。

どちらの折り方も簡単に折れるので、色々な色の折り紙でたくさん折って、画用紙に貼って立体的な絵を描いたり、封筒に貼り付けてプレゼントしたりと幅広く活用できます。

壁に飾れるウォールステッカー風ちょうちょの折り方

色とりどりの折り紙で作って飾ると、ウォールステッカーのように部屋を明るく模様替えすることができます。

折り方は簡単ですが、はさみでカーブを付けたり、節を作るなどちょうちょの特徴がよく出ています。

折り方

  1. 折り紙を三角になるように半分に折り、対角線の折り目をつけます。
  2. 広げて、もう一方の対角線にも折り目をつけます。
  3. 広げて、長方形になるように上下に半分に折ります。広げて紙を90度回転してもう一度長方形になるように半分に折ります。
  4. 長方形に折った時の折り目を内側に折り込んで、三角形を作ります。
  5. 三角形の中心線で折り、小さな三角形を作ります。
  6. 右上の角をアールをつけて切り、真ん中で広げて、上の一枚を両サイドから手前に折り返します。
  7. 下の一枚を裏側に折り返して、頭の部分だけ手前にひっかけるように折ったら完成です。

立体的なちょうちょの折り方

折り方

  1. 折り紙を三角になるように半分に折り、対角線の折り目をつけます。
  2. 広げて裏返して、長方形になるように上下半分に折って広げます。
  3. 折り目に沿って折り、1/4のサイズの三角形を作ります。
  4. 三角形の左右の角を真ん中で折り合わせます。
  5. ひっくり返して、一番大きな角を向かい合った辺より少し出るくらいまで折り、両端を手前に起こします。
  6. 半分に折り、少し余白を残して折り返します。反対側も同様にすると完成です。