紙を折って作る財布

2014年4月 7日

子どものお店屋さんごっこに最適な紙を折って作る財布の作り方を紹介します。

簡単なので幼児から作ることができるうえ、小銭要れや札入れもついて使いやすく、意外と本格的な財布です。

できた財布に絵を描いたり、和紙や模様のついた素材の紙で作ると自分好みにアレンジして楽しめます。

材料

長方形の紙

動画では、22cm x 28cmのサイズの紙が使われていますが、長さはどのようなものでも長方形であれば作ることができます。

作り方

  1. 長方形の紙の長い辺を4等分するように両サイドから折ります。
  2. 1/4の長さになった紙の中央で半分に折ります。
  3. 一度全て広げて、4等分した折り目の両端から1cmくらいの位置まで切れ込みを入れます(合計6か所)。
  4. 切れ込みを1個と交互に内側に折り曲げます。
  5. 端から、小銭を入れる袋の入り口の切れ込みを入れます。(動画の1分30秒)
  6. 再度折り目に沿って折り畳み、両端の切れ込みを内側に折り込んでセロテープでとめて袋状にしたら完成です。