人形用のパラシュートの作り方

投稿日:2015年2月23日|最終更新日: 2016年6月27日

人形につけて投げると、本物のように開いて落下するパラシュートです。紐の貼り付け方、それぞれの部品のつなぎ方、できあがったパラシュートの折り方が動画で分かりやすく紹介されています。

<材料>

ビニール製のテーブルクロス、紐、魚釣りに使う猿環(さるかん)またはスイベル

まずは、ビニール袋を4つ折りにし、外側の1角を正方形に切り取って、端のみをセロテープでつなぎ合わせる。

その上に、紐を貼りつけ、端を結んで猿環を通す穴を作る。

猿環に、ゴムを二本続けて結びつけてできた2つの輪を人形の腕と足に固定し、紐を通したら完成。

ビニール袋を絞って、縦方向に丸めるように小さく巻き、紐を巻き付けて投げて遊ぶ。

関連記事