光る星のモビール

2015年5月19日

電気を消すと、暗闇で光る星のモビールの作り方を紹介します。

ベッドに寝転がると、頭上に自分だけの星空がゆらゆらと浮かびます。こんなモビールがあれば、子供が暗闇を怖がるどころか、好きになりそうですね。

暗闇で光るホットグル―ガン(接着剤)を使って、モビールに吊り下げる星のパーツから手作りします。無い場合は、暗闇で光るシールや百均でも手に入る「光るおゆまる」で代用できます。

作り方

  1. ホットグル―ガンを、5分間温めて、星型の耐熱型に液を流し込み、固まるまで約3分間待ちます。
  2. 接着剤が固まったら、型から取り出し、はさみで星の形に整えます。このようにして、星型を15個用意します。
  3. ワイヤを約45cmで切り、端から22.5cm(ちょうど中央)にマジックで印をつけます。これを3本用意します。
  4. 割り箸や、棒を先ほど印をつけたところにあてて、2回巻き付けて輪にし、モビールの棒のベースを作ります。
  5. 大きめの筒状の缶に約25cmの幅が分かるように印をつけた後、先ほどのワイヤをあてて、カーブをつけます。その両端に割り箸を使って二重の輪を作ります。
  6. モビールの形になるように、中央と端の穴を糸でつなぎます。
  7. 星型を吊り下げるための糸を各輪に通し、結んで固定します。糸に星を配置し、接着剤で固定します。
  8. 吊り下げるとモビールの完成です。