ポンポンの作り方3通り

2015年8月14日

ポンポンの3通りの作り方(フォーク、厚紙、ポンポンメーカー)や、自分で作った大小異なる色とりどりのポンポンをプレゼント梱包用にアレンジする方法を紹介します。

自分で作ると、毛糸の色の組み合わせや大きさを自由にアレンジして、きれいなグラデーションのポンポンも思いのまま作れます。

フォークで作る方法

フォークに毛糸を巻き付けて、小さなポンポンを作る方法です。

作り方

  1. 4本あるフォークの先(すくい)のうち、真ん中の2本に、毛糸を1回巻き付けた後、そのまま外側(4本分のすくい)に30回から35回巻き付けます。
  2. 15cmの長さに切った毛糸を、すくいの真ん中に根本側から通して、巻き付けた毛糸の中心をきつく結びます。
  3. フォークを外して、結び目を再度きつく引っ張って結びます。
  4. 円形状の毛糸のループ状になった外周を一周切ります。
  5. ポンポンの形を丸く整えたら完成です。

ドーナツ状に切った2枚の厚紙で作る方法

型紙にする厚紙の大きさを変えると、作りたいサイズのポンポンができます。

作り方

  1. 段ボール紙を、ドーナツ状に2枚切り、輪の一部を切り離します。
  2. 毛糸を30cmの長さに切って、1枚目の段ボール紙の中心の輪を囲って、両端を出した(最後に結ぶため)後、もう一枚の紙を上から重ねます。
  3. 毛糸を段ボール紙の外周に均等に巻き付けた後、先ほど出しておいた両端の毛糸をきつく結びます。
  4. 2枚の段ボール紙の間にハサミを入れて、毛糸の円の外側のループを切り離し、厚紙を外して形を整えたら完成です。

ポンポンをプレゼント梱包用にアレンジする方法

ポンポンメーカーで大きさや色の異なるポンポンを数個作って、プレゼント用の梱包材にアレンジする方法です。

作り方

  1. ポンポンメーカーの両側に、毛糸を何重にもしっかりと巻き付けた後、端を切ります。
  2. ポンポンメーカーの中心に強度の高い綿糸を1周巻き付けてきつく結び、反対側に回してもう一度きつく結びます。
  3. 外側の毛糸のループを一周しながら切り、ポンポンメーカーから取り出した後、必要に応じてはみ出た箇所をハサミで丸く整えるように切ります。

飾り付け方

クラフト紙の上から、ポンポンで使った色の毛糸を数回巻き付けて、蓋の位置できつく結んだ後、結び目に大きさの異なるポンポンを3個貼りつけます。