ハンガーで弓矢を作る方法

2016年5月13日

プラスチック製のハンガーで、実際に飛ばして遊べるおもちゃの弓矢を作る方法を紹介します。

ダーツの的に向けて打ったり、広い場所で遠くに飛ばして遊んだりすることができます。素材がしっかりとしているので、子供が少々乱暴に扱っても壊れにくい特徴があります。

材料

  • ハンガー
  • 竹串

作り方

  1. ハンガーの山型部分だけを残して、後は全て切り取ります。
  2. くの字(アーチ)の中心にテープを巻き付けて持ち手にする。
  3. 両端から1cmくらいにナイフで切れ込みを入れる。
  4. 切れ込みに紐をあてて、数回巻き付けてこぶ結びをする。反対側も同様にし、弦を作る。

竹串を矢にすると、的に突きささりやすくなりますが、遊ぶ時は、周りに十分注意しましょう。子どもが遊ぶ時は、先が尖った竹串は危ないため、コルクを半分に切って先端にさして先を保護します。