手で持って色々な形の変化を楽しめる紙で作るおもちゃ「トランスフォーマー」

2016年6月17日

1枚の画用紙を使って、面の形が様々な幾何学模様に変化する紙のおもちゃを作る方法を紹介します。

作り方

  1. 画用紙に、ものさしを使って横3.5cmx縦13.5cmの長方形を8個書き、それぞれの縦を3.5cm、5cm、5cmで区切って印をつけておきます。
  2. 8個の長方形を切って、印で折り曲げたら、端をセロテープでとめて、8個の三角形を作ります。
  3. 三角形2つずつを1辺(長い辺)だけセロテープでとめ、三角の塊を合計4つ作ります。
  4. それを2つずつ取り、4つの三角形を横一列に並べて、底を1辺だけセロテープで貼りつけて、2つの三角の塊を作ります。
  5. 2つの三角の塊の底の面を揃えて両端の2辺をセロテープで止めて、8つの三角形を全てひっつけます。