木箱を使ったフォトボックスの作り方

父の日のプレゼント用に考えられた宝箱のようなスクラップブックのアイデアです。

木箱(フォトボックス)を開けると、中には思い出の写真や家族からのメッセージ(父親の好きなところトップ10など)を貼りつけた紙が、屏風状に折り重ねられており、広げると一枚の長い紙になります。

写真やメッセージを見た後は、折り畳んで、またコンパクトに木箱に収納できます。家族の写真やメッセージが色あせることなく保存できます。

材料

  • 木箱
  • 台紙となる紙
  • 両面テープ
  • 写真やメッセージを書いた紙

作り方

  1. 木箱に写真やメッセージを貼って、飾り付けます。
  2. スクラップブックの台紙用に、木箱に入るサイズにあわせて、包装紙や雑誌を数枚切ります。この台紙に、両面テープを使ってメッセージや写真を貼り付けていきます。
  3. 写真やメッセージを貼り付けた台紙を縦につなげ(裏側にテープを貼る)、つなぎ目を屏風折りにします。
  4. 一番下の台紙の裏面を木箱に貼り付けて固定すると完成です。