麻ひもを巻き付けた花瓶

2016年7月20日

空き瓶や花瓶、植木鉢や小物入れに麻ひもを巻き付けたり、紐の太さや素材、色を変えてアレンジしたり、途中まで巻いてガラスの面を残すなど、色と素材の風合いを楽しめる花瓶のリメイク術を紹介します。

花を飾ったり、菜箸やカトラリー入れとして台所で使ったり、何も入れないで、そのまま飾ってもインテリアのアクセントになります。

材料

  • 麻ひもやロープ、色紐
  • 空き瓶
  • 両面テープ

作り方

  1. 空き瓶をきれいに洗って乾かします。
  2. 瓶の側面の一番下に両面テープを一周貼りつけます。
  3. 瓶の下から上に向けて、順にあさ紐を可能な限りきつく巻いていきます。
  4. 途中で紐の色を変える場合は、端が剥げないように、瓶の巻き終わりと巻き始めの位置に両面テープを貼ります。
  5. 瓶の一番上に、両面テープを一周して貼り、最後まで巻き終わったら、紐の端をハサミで切ります。

接着剤やモッドパッチをつけながら紐を瓶に巻くと、装飾が崩れにくくなりますが、きつめに巻き付けていくので、動画のように両面テープを使うだけでも十分取れにくく、なによりも簡単にできます。

気になる場合は、巻き始めと巻き終わりだけでも接着剤で剥がれないように固定しておくと安心です。