コカ・コーラの空き缶を使ったバラの花の作り方

2016年8月 5日

350mlのコカ・コーラの空き缶(アルミ缶)を長方形に切り開いて、花びらを描くようにらせん状に切り、後は巻きつけるだけでできるバラの花の作り方です。

花を切り取った缶の余りのスペースで、茎を切り取って花に貼りつけると、花瓶に挿して飾ることができます。

空き缶の生み出す曲線や模様がおもしろい表情をみせたバラの花です。

作り方

  1. 空き缶の蓋と底を切り取り、ボディに縦にハサミを入れ、広げて長方形にします。くるまってやりにくい時は、机の端を利用して裏表を交互に擦らせると平らにします。
  2. 長方形にした缶の裏に、中心から外側に向けて渦を巻くように、花びらを繋げて描きます。この時、外側にいくほど花びらは大きくなります。
  3. 花びら同士が切り離れないように注意してハサミで切ります。
  4. 缶の模様が内側にくるように中心から巻き付けていきます。少しずつ下側にずらしていくときれいに巻くことができます。
  5. 巻き終わったら、ハサミで下側に切れ込みを入れて、反対側の端に差し込んで固定します。
  6. 外側の花びらの上側を軽く折り曲げて広げると花のでき上がりです。
  7. 切り取った缶の残りの部分を茎と葉になるように棒状に切り、茎の部分を半分に折る。茎の先を折り曲げてバラの花を差し込むと完成です。