お金でこすると字が出てくるスクラッチマップの作り方

2016年8月22日

日本地図や世界地図に色を塗って、上からお金や爪でこすると隠れた字(国名)が出るスクラッチマップの作り方を紹介します。

旅行で訪れた国や地域のみを削っていったり、地理の勉強に活用したり、地図以外でも何かのリストを作ってひとつずつ削ってモチベーションを高めたりするなど、アイデア次第で色々な使い道ができます。

材料

  • ラミネートフィルム加工がされた地図
  • アクリル絵の具 + 液体洗剤
  • ホワイトボード用のマーカー
  • リキッドチョークペン

ラミネートとは、水に濡れたり、破けたりするのを防ぐために、透明のフィルムで表面がコーティングされたものです。ラミネートフィルム加工がされた地図が無い場合は、紙の地図に、ラミネートフィルムを貼って作ることができます。ラミネートフィルムは、ホームセンターや百円ショップなどで販売されています。

リキッドチョークペンとは、黒板やガラスなどに書くことができるペンで、湿った布で拭き取ると簡単に落とせます。

作り方

アクリル絵の具を平らな容器に出し、液体洗剤を約1.8cm程度の円になるくらい垂らして混ぜ合わせます。その後、絵具を筆につけて、地図に描かれた国の輪郭に沿って色を塗ります。

乾いたら、色を塗った箇所をお金や爪でこすって剥がして使います。

アクリル絵の具の代わりに、ホワイトボード用のマーカーやリキッドチョークペンでも代用できます。