簡単な指人形の作り方

2016年9月 6日

ゴム手袋の指の部分を使った指人形の作り方を紹介します。

ゴム手袋は伸縮性があるので、手にフィットして動かしやすく、外れにくく、指人形の材料としては最適です。

また、手作りの指人形といえば、針と糸で縫うイメージがありますが、ゴム手袋なら、材料を接着剤で貼り付けるだけなので、非常に簡単にできます。

ゴム手袋の指の部分を1つ1つ切り離して作ることもできますが、切り離さずに手袋のまま作ることもできます。

動物やハロウィンのお化けなどイベントに合わせて、色々なアレンジを楽しめます。

作り方

  1. ゴム手袋の指の部分を、付け根から切り取ります。
  2. 目の位置に、動眼(手芸用の動く目玉)やスパンコールを接着剤で貼りつけます。
  3. 毛糸を、4本指に7、8回巻き付けて、端をハサミで切り、指人形の髪の部分に貼りつけます。この時、ゴム手袋を指にはめて行うと貼りやすくなります。毛糸の色を変えたり、ぐるぐるに巻いたりして色々な髪にアレンジしてみてください。
  4. スパンコールを縦に3個貼って、服のボタンを作ったら完成です。