ハロウィン用「ミイラ飾り」

2016年9月26日

小さなボールに包帯を巻きつけて、包帯の端を数本垂らしたミイラの天井飾りの作り方を紹介します。

遠目に見るとてるてる坊主のような愛らしさがあるミイラですが、包帯の間から除くギョロっとした目が、少し薄気味悪さを漂わせるハロウィン用の天井飾りです。

材料と道具

  • 白くて小さめのボール(できれば発泡スチロール素材) 1個
  • 黒のビニールテープ 6cm x 2
  • ガーゼ包帯
  • 糸 (天井から吊るすため)
  • 手芸や工作用の動眼(動く目玉)2個
  • ハサミ、のり、セロテープ

作り方

  1. 黒のビニールテープを6cmの長さで切り、白いボールの中心付近に水平方向で、少し重ねて2枚貼ります。
  2. 天井に吊るすための糸をボールの頂上にセロテープで貼りつけます。
  3. 黒いビニールテープが黒目になるように部分的に残して、包帯をボールに巻きつけた後、鼻の位置で一度結んで、結び目を鼻にします。
  4. 残りの包帯を鼻の上から巻いて、結び目を覆い隠します
  5. 包帯の巻き終わりから5、6cm分を縦に切って、2つの端を首の位置で結びます。
  6. 40cmの長さに切った包帯を3本用意し、それぞれを結び目に通して、長さの真ん中を結び目に合わせて、きつく結んで固定します。
  7. 2つの動眼を黒目の上に貼るとできあがりです。
  8. 糸を天井から吊り下げて飾ります。

ミイラの頭に花やリボンを飾ったり、クモのシールを貼ったりして、オリジナルなハロウィン飾りを作ることができます。