ハロウィンのかぼちゃ飾りの作り方5通り

2016年10月12日

ハロウィンのかぼちゃ飾りの作り方について、立体的なギザギザの歯が特徴的な恐ろしい表情に削る方法やピンポン玉を使った作り方などを5通り紹介した動画です。

口をくり抜いた後、歯を後からさし込んだり、表面の皮のみを削って色の濃淡で表情を出すなどユニークなアイデアがたくさん紹介されています。

ギザギザの歯を差し込んで作る方法

  1. ヘタを上にしてかぼちゃを台の上に置き、ボールペンでつりあがった目と大きく開いた口を描きます。
  2. ヘタ周囲を丸くくり抜いて種を出した後、ボールペンで描いた輪郭に沿って、かぼちゃを切り抜きます。
  3. くり抜いた口の切れ端から、三角に尖った長い歯を1本ずつ切り取ります。
  4. 三角の歯の根本に、爪楊枝の端を少し出して、深めにさし込みます。
  5. 出しておいた爪楊枝の端を、ハロウィンかぼちゃの口にさして、1本ずつギザギザの歯を作っていきます。
  6. 上の歯と下の歯が交互になるようにさし込んだら完成です。

歯の表面の皮のみを削って作る方法

  1. ハロウィンかぼちゃの口を大きめに、ギザギザの歯を残しながら切り抜きます。
  2. 歯の部分のみ、表面の皮を削ると完成です。

ヘタを鼻にしたハロウィンかぼちゃ

  1. ヘタ部分を鼻にみたてて、その上に目を、下に口を描きます。
  2. 上(頭)に丸い穴をくり抜いて、中の種を取り出した後、フタをするようにくり抜いた切れ端を元に戻します。
  3. ナイフを使って、目の輪郭に沿って、表面の皮のみを削ります。
  4. 口の形に切り抜いた後、上の前歯のみ、表面の皮を削って作ります。
  5. 歯の隙間を削り、目玉をマジックで塗ると完成です。

ドット模様に全体に穴を開ける方法

  1. かぼちゃ全体に、ドリルで穴をたくさん開けます。
  2. 針金を穴に通して吊り下げる輪を作り、中にキャンドルを入れて、吊り下げて飾ります。

ピンポン玉のハロウィンかぼちゃ

  1. オレンジ色のピンポン玉に、かぼちゃの顔をマジックで描き、下に小さめの穴を開けます。
  2. 小型のLEDライトの電球と電池のみを取り出してセロテープでつなげて点灯させた後、電球のみをピンポン玉に入れて、電池をスタンドにして立たせます。