CDをリサイクルしたディスコボールの作り方

ディスコボールとは、小さな鏡が取り付けられた丸い飾りで、回転させながら光を当てて、部屋中に小さな光を乱反射させたもので、ミラーボールとも呼ばれ、ダンスホールやディスコなどの演出に使われています。

ここでは、ディスコボールをいらなくなったCDを切ってリサイクルして作る方法を紹介します。

子供の誕生日会やイベントの演出に、上から紐で吊り下げて飾ると、ライトの当て方によって色とりどりに光が反射するので、パーティー気分を盛り上げてくれそうです。

材料

  • CD
  • 発砲スチロール球

発砲スチロール球は、ホームセンターや手芸店などで販売されている丸い発砲スチロールです。

作り方

  1. CDを四角形に細かく切ります。
  2. 光沢のある面が外側に向くように、レーベル(印刷のある)面に接着剤をつけて、発砲スチロール球の中心の列から順に並べて貼ります。
  3. 発砲スチロールの表面全体に隙間なく貼りつけたら完成です。