折り紙で葉っぱを折る方法

2016年10月 6日

一枚の折り紙を、折るだけで、大きな葉っぱを作る方法を紹介します。葉っぱのカーブを作るために、ハサミで切る作業は必要ありません。

簡単に折れるので、緑の濃淡を変えた紙で数枚折って重ねて貼り、新緑の雰囲気を出したり、黄色やオレンジ色の折り紙で紅葉の雰囲気を出したりと、色々な楽しみ方ができます。

折り方

  1. 緑色の折り紙を、緑の面が内側になるように、対角線で半分に折ります。
  2. 折り目から約1cmの幅で片方の角が鋭角になるように斜めに折ります。これが葉っぱの葉脈の中筋(主脈)になります。
  3. 鋭角に折った角を、三角の中心線に合わせて折り、できた折り目に向かい合った斜辺を合わせて折ります。それぞれの折り目を開くと、3つの折り目が水平方向に均等についています。
  4. 折り紙を裏返して、3つの折り目の間に幅が均等になるように、谷折の折り目を作ります。これで合計7本の折り目が山折と谷折で交互にできます。
  5. 下から3列目の谷折の折り目に合わせて、角を直角に折り返します。その両サイドから、それぞれ、折り目に合わせて斜めに折って、葉のカーブを作ります。
  6. 折り紙を裏返して、5と同様に折って、真ん中を開くと完成です。