ハロウィンの仮装用の魔女の帽子の作り方

2016年10月 3日

実際にかぶって遊ぶことができる魔女の三角帽子(とんがり帽子)の作り方を紹介します。

黒い画用紙で立体的な円錐を作った後、ドーナツ状に切ったつばをノリで貼って、星やバックルの形に切った紙を貼って飾りつけるだけの簡単な作り方です。

ハロウィンの仮装用に魔女のコスチュームを手作りしたい人におすすめの工作です。

作り方

  1. 黒い画用紙の角を利用して、半径34cmの1/4の円を描きます。角にものさしの端をあてて、少しずつずらしながら、34cmの地点に数か所印をつけた後、点をつなぎます。
  2. (半径34cmの)1/4の円の外側に、先ほどと同様のやり方で、さらに4cm大きめの1/4の円を描きます。
  3. 2つの円の間(4cmの幅)に、ジグザグ模様を描きます。
  4. 外側の線に合わせて切り取った後、端をジグザグの線に合わせて切ります。このジグザグの部分が、三角(とんがり)帽子にツバのパーツを貼りつける際ののりしろになります。
  5. 1/4の円を丸めて円錐にし、両面テープやノリで貼りつけて、三角帽子のベースを作ります。
  6. 黒い画用紙に半径16cmの円をコンパスで描いて切り、その中に、中心を合わせて10cmの円を描いて、ドーナツ状に切り抜きます。これが帽子のツバになります。
  7. 三角帽子のジグザグを折って、そこにのりをつけたら、ドーナツ状に切った帽子のつばを貼ります。
  8. 赤い画用紙を用意し、角から34cmと30cmの地点に印を付けて切った後、三角帽子の根本にリボンのように巻いて貼りつけます。
  9. 青い画用紙にバックルの四角を描いて切り取り、さきほどの赤い色画用紙の上に重ねて貼ります。
  10. 星の形に切った紙を散らばらせて貼り、模様をつけたら完成です。