キネティックサンドの作り方

2016年10月12日

粘土のようにべたべたしないし、砂のように散らばって周囲を汚すことがないため、室内遊び用の砂として人気が高い不思議な感触の砂「キネティックサンド」の作り方を紹介します。

「キネティック(動的な)」という名の通り、一見すると砂のようですが、水が無くても型に入れて固めると自由に成形できます。雲のようなフワフワとした雰囲気があるので、クラウドサンドやムーンサンドとも呼ばれます。

工作や遊び道具にすると、サラサラしているのにしっとりとした砂のおもしろい感触に子供が喜びそうです。

できたキネティックサンドを箱に敷いて、動物や恐竜の置物を配置し、雪の中の生き物の世界を表現するなど、ジオラマやテラリウムを作ることもできます。

色々な色のキネティックサンドを使って、ガラス瓶に層を作って飾ったり、置物の底砂としても活躍します。

材料

  • コーンスターチ 1カップ
  • 液体洗濯洗剤 1/8カップ
  • シェービングクリーム 約1カップ
  • オプション:食品着色液(フードカラーリング)

作り方

  1. コーンスターチ、液体洗濯洗剤をボウルに入れます。
  2. コーンスターチの表面を覆い隠す程度にシェービングクリームを出します。
  3. 泡だて器で混ぜます。この時、必要に応じて食品着色液を入れます。
  4. 手で握ると、塊になる程度まで混ざり合わさったらできあがりです。
  5. できたキネティックサンドは、乾燥を防ぐために、タッパーに入れて保存します。