葉っぱの自然な形状や模様を活かしたスタンプアート

2016年10月18日

落ち葉や木の葉の輪郭を型抜きのように白く残して絵の具で周囲を色付けした後、葉を裏返して、自然な形状や質感を活かした葉っぱのスタンプを作る方法を紹介します。

簡単な創作活動で、乳幼児から色遊び感覚でできます。また、葉っぱの形状や葉脈を写しとることによって、葉の模様の違いや自然の美しさに触れ合うこともできます。

メッセージを添えるとギフトカードにもなります。

やり方

  1. 紙を台の上にテープで動かないように貼り付けます。
  2. 紙に葉っぱを置きます。
  3. 絵の具をパレットや紙の上に出して、水に溶かないでそのまま刷毛や筆に取り、葉っぱの中心から外に向けて、放射状の線を描くように、紙全体を塗りつぶします。
  4. 葉っぱをゆっくりとはいで、色のついた面を下にして、紙の空いたスペースにスタンプを押すように貼りつけます。
  5. 色がついたら、葉をやさしくはがします。