牛乳がバターに変わる仕組み

バターの作り方キッズサイエンス

今回は、生クリームを瓶に入れて振るだけのバターの簡単な作り方をはじめ、なぜ牛乳がバターに変わるのかその仕組みを科学的に分かりやすく紹介します。

バターは、ちょっとした科学を使って作ることができます。

必要なのは、大きなガラスの瓶、ホイップクリームだけ。

さっそく以下にバターの作り方から紹介します。

バターの簡単な作り方

まず、瓶の半分までクリームを入れます。

ふたをきつく締めた後、瓶を振ってください。

20 分間、またはそれ以上、とにかく振り続けてください。

すると、瓶の中で、液体(クリーム)が飛び散るのを感じなくなるときがきます。

中を見ると、クリームがホイップクリームのようになっていることに気付くでしょう。

それはもうすぐバターができるサイン。

さらに振り続けると、しだいに瓶の中で固い塊が跳ねるのを感じるようになります。

フタを開けると、生クリームが変化したバターの塊の完成です。

後は、お好みで塩やハーブなどを混ぜて冷蔵庫で保管してください。

では、液体の生クリームはどのようにして固体のバターに変わったのでしょうか?

なぜ牛乳がバターに変わるのか

さて、すべては牛乳から始まります。

牛乳が牛から作られることはすでにご存知かもしれません。

そして、牛から搾り出されたばかりの牛乳には脂肪がたくさん含まれています

動物はエネルギー源やその他の重要な体内での役割のために脂肪を使用しますが、牛乳にはこの脂肪がたくさん含まれており、乳牛の子牛が健康で強く成長するのを助けているのです。

通常、牛から出たばかりの牛乳を数分間放置すると、脂肪分が上に浮いてきます。

農家はその脂肪分を残りの牛乳から分離して取り出します。

このとき上に浮いてきた余分な脂肪の液体は、私たちがクリームと呼んでいるものです。

瓶にこのクリームを入れて振ると、クリームの小さな脂肪がぶつかり合い、膜が破れて互いにくっつきます。

脂肪がくっつきあって固まりはじめると、クリームがどんどんとろみを増します。これらの大きな脂肪の塊は、液体のようにはねません。

最終的に、脂肪はすべて大きな固い塊に集まり、液体から完全に分離するのです。

塊はバターと呼ばれるものになり、液体はバターミルクと呼ばれ、パンケーキやビスケットなどの調理に活用されます。

今回は、瓶を使った手作りバターの作り方を紹介しましたが、遠心分離機、ミキサー、または工場の巨大な撹拌機(かくはんき)など、クリームをバターにする方法は他にもたくさんあります。

しかし、それらは先ほど瓶で行ったバターの作り方と同じように、牛乳から脂肪分を取り出して固めたものです。

このように、バターはとても簡単に作れるので、ぜひ家でも挑戦してみてくださいね。

参照元:Let’s Make Butter!