「出産 vs 睾丸を蹴られた」どちらの方が痛い?

2016年11月26日

硬貨程度の穴からメロンを出すといわれる出産の痛みと、男性が睾丸を蹴られたときの痛みは、果たしてどちらの方が強いのでしょうか?

ここでは、女性も男性も、双方がお互いに想像することができないレベルに達する2つの痛みの種類について、科学的に紹介します。

痛みを数値で比較

人それぞれに痛みの感じ方は異なるので、客観的に痛みを計測することは非常に難しいといわれます。

それでもあえて、痛みを無理やり「del」という単位の数値で表した場合、人間の体が耐えることができる痛みを45delだとすると、出産時は、57delに達します。これは、20本の骨が一度に折れるのと同等の痛みです。

そして、男性の主張によると、睾丸を蹴られたときの痛みは、9000delだそうです。

しかし、delという単位を使うと、人間の限界を超える痛みになること自体が、理論的に考えてあまり説得力がありません。

本当の意味でこの2つの痛みを評価するには、まずは痛みとは何かを理解する必要があります。

痛みとは何か?

痛みは、触感や熱を感じる神経とは異なり、「侵害受容器」と呼ばれるところが受けた刺激に素早く反応し、神経を通じて、脊髄や脳に信号(痛みの情報)が送られることで起こる急性の感覚です。

侵害受容器は、身体に異常が発生した時に、危険から身を守る警告信号としての役割があります。

睾丸が蹴られた時の強い痛みの原因

男性の睾丸は、もともとは内臓器官で、胎児の頃に腹部にあったものが、生まれる前に下りてきたものです。

睾丸の周囲には、たくさんの侵害受容器が張り巡らされており、痛みへの感覚が非常に敏感になっています。

さらに、睾丸は、脳の嘔吐中枢と直接つながっているため、痛みの刺激を受けた時に、心拍や血圧の上昇、発汗、吐き気を伴うこともあります。また、たくさんの神経によって腹部と繋がれているため、睾丸が衝撃を受けると、おなかにまで痛みが広がることがよくあります。

出産の痛みの原因

出産は、外部からの打撃による痛みではありませんが、睾丸が受ける内臓痛と同じように侵害受容器が刺激されて起こる急性の痛みです。

出産時には、子宮の収縮による局所的で鋭い痛みが、平均して8時間続き、吐き気や倦怠感を伴うこともあります。

進化的に、女性のお尻は小さくなっているにも関わらず、赤ちゃんの頭は大きくなっているのも痛みを強める要因となっています。

結論

痛みの感じ方は、人それぞれで異なり、その時の雰囲気や警戒心、過去の経験などの精神的な要因も影響を与えます。

そのため、出産によるものと睾丸を蹴られたときの痛みでは、どちらの方が強いかは、明確には判断できないようです。

実際に、上肢切断手術を受けた人の80パーセント近くは、過去の記憶から幻肢痛と呼ばれる実在しない手や腕の痛みを感じることがあるといわれるほど、痛みとは不確かなものです。